〜爪がボコボコする原因〜

 

爪は、爪の付け根部分で爪母(そうぼ)と呼ばれる所で細胞分裂を繰り返し新しい爪が作られていきます。新しく生まれた爪が古い爪を押し出して、爪は伸びていきます。
表面がボコボコした爪が生えてくる人は、爪母にトラブルがあり正常に細胞分裂できなくなっている可能性があります。
主な原因として、外傷、爪周りが赤く腫れるほど甘皮を取り過ぎたり、重度の乾燥、やストレスなどが原因です。
足の親指の爪がボコボコしている方が多いですが、特にヒールの靴を履く方は前に体重がかかり圧迫されているのも一つの原因です。だからと言ってお仕事上ヒールを履かない訳にはいきません。
日々のネイルケアをすることはもちろんですが、ジェルネイルつけることで、甘皮もプロの技術で綺麗になり、ボコボコ部分はジェルを塗ることで完全に見えなくなり爪もジェルで厚みがでて強度が増します。
すぐに見た目綺麗に見せたい方には、ジェルネイルがお勧めです。

未分類
☆化粧崩れ防止の方法☆

  ●だらだら流れ落ちる顔汗・・・ ●1日に何度もメイク直し・・・ そんな方に必見 ●汗が …

未分類
【高機能ファンデーション】

年齢を重ねるにつれて、今まで愛用していたスキンケアコスメや、ファンデーションが合わなくてなってきます …

未分類
【髪の毛の質を良くしたい人に必見】

今髪の毛の質で悩まれてる人はたくさんいます。個人差もあり、髪の毛が硬いまたは柔らかい人、毛が多いまた …